発達障害児ライフスキルトレーナー資格

研修内容について

本講座は、自閉症児教育に50年以上の実績を誇る武蔵野東学園の先生方の現場での実践の積み重ねを経て、効果が実証された発達支援のスキルと考え方をご家庭の療育においても生かしていただくべく開発されました。

社会生活を送る上でのマナーを家庭でどう教えるか?
・子どもに対してイライラしてしまう気持ちをなくすには
不器用な子どもに家庭でできるトレーニングは?
・将来、大きくなってからの社会的自立を見据えてどう対応するか?

保護者の皆さんが抱えるお悩み。これらはほんの一例です。

ライフスキルとは何か

この講座は「ライフスキル」に焦点を当てています。
ライフスキルとは、地域社会の中でスムーズに暮らしていくためのスキルの総称
私たちが自立した人間として日々を過ごしていくためには、コミュニケーションスキルとソーシャルスキルに加えて、最も基本的な生きるためのスキルが必要です。お子様が毎日滞りなく生活でき、豊かな生活経験を重ねていくためのスキルと言えます。
地域社会の中でスムーズに暮らしていくためのスキルを総称して、私たちは「ライフスキル」と呼びます。
子どもたちのQOL(生活の質)を高めるために、ライフスキルを高めていくことは欠かすことができません。

ライフスキルトレーナー資格とは

発達障害児ライフスキルトレーナー™資格は、子どもの「ライフスキル」を高めることを目的として、それを指導・支援していくための資格です。「Life Skills Trainer」の頭文字をとって「LST(エル・エス・ティー)」とも呼びます。

「トレーナー」とは、支援者・指導者としての自分自身のコンディション(状態)を整え、そしてライフスキルトレーニングの指導・支援を通して、子どもの心と体のコンディション(状態)を整えていくという役割を果たす人です。つまり、ライフスキルトレーナーは、単に子どもを訓練してスキルを身に付けさせていく人ではなく、子どもの保護者・支援者として不安に押しつぶされずに、子育てに前向きにいられる人、つまり自分の心を整えられる人でなければなりません。

家庭において、子どもにとって必要なライフスキルや、効力のあるトレーニングの方法や目標設定ができるようになれば、保護者としての支援力や子育て力も同時に培われ、あなたとあなたのお子様の未来は、きっと明るいものになることでしょう。

発達障害児ライフスキルトレーナー資格 主な対象者

発達障害児に関わるご家族、保護者の方
※特に家庭におけるライフスキルトレーニングを実践したいと考えていらっしゃる方

この講座で学べること

書籍やセミナーの他、無料の動画などでも情報が得られる時代です。積極的に学ぼうとすれば、いくらでも情報は手に入るでしょう。それでも、家庭で自己流でやっていると思うようにいかない…と頭を抱えてしまうというのが現状ではないでしょうか。

それは、子どもの「できないこと」ばかりに目がいってしまっているからです。
一つできるようになっても、また新たな課題が出てくる…そんな繰り返しでは、身も心も疲弊してしまいます。

本講座で学べるのは、子どもの全体像をとらえた上での開発的な支援および、保護者の支援の姿勢です。
子どもの課題は、子どもの心の動きや生活全体、発達段階の全体像を見渡さなければうまくとらえることができません。「できない」ところだけにフォーカスするのではなく、子どもの全体像・発達段階の全体像を捉えることが支援のスタートなのです。そうしない限り、その子の将来につながる支援は見えてきません。子どもの全体像を把握することで、「できる」ところから支援・トレーニングをスタートすることができます。

「できる」ところからスモールステップで進める。それにより、「できた!」という成功体験を積み重ねることができます。成功体験が得られれば、自尊感情が高まります。
これが、子どものできることを広げていく開発的支援です。

本講座の根底には、編集協力をいただいた学校法人武蔵野東学園の教育方針の1つである「子を思う親の気持ち」があります。
私達は、子どもの幸せを願う保護者の皆様の思いを何よりも大切にし、ご家族に寄り添っていきたいと考えています。

今、保護者に必要なこととは、なんでしょう?それは<心の余裕>です。
子どもをよく見ることや「今はこういう時期だから仕方がない」と思えること、「違ったアプローチで別の方法を試してみよう」と前向きにとらえられること、これらはすべて<心の余裕>から生まれてきます。

ライフスキルは多くの方は、「なんとなく」「知らない内に」身に付けてしまうことが多いものです。そのため、発達障害児のある子どもがつまづくところを「どう教えていいか分からない」といったことが生じます。
保護者は、自分が何となくできるようになったことなので、教え方が分からないのは当然のことです。
そこで、専門家による正しい知識と必要なコツを学んでいただければ、家庭においてライフスキルトレーニングを行うことが可能となります。

家庭でできることはたくさんあるはずです。ご家庭においてお子様の支援に取り組む方々が、今後増えていくことを願ってやみません。

発達障害児ライフスキルトレーナー 資格認定講座のポイント
・「学びたい」という気持ちがあれば誰でも受講できます
発達障害のあるお子さんのご両親や祖父母など、ご家族の皆さんに受講していただくことができます
・受講スタート~資格認定までの手続きが簡単です
(必要なのは、動画を視聴するためのスマートフォンやパソコン、タブレットだけ。ほかのスクールのように受講のために必要な書類を用意しなければならない、受講修了後に別途資格の登録申請が必要といった手間がありません。)
・動画は1本約10~15分。スマートフォン・パソコン・タブレットで学べます
忙しい方でも、移動時間などを活用して無理なく資格取得できます。

 

資格取得の通信講座はこちら

 

発達障害児ライフスキルトレーナー資格 認定講座について

講座名 発達障害児ライフスキルトレーナー™資格認定講座
資格名 発達障害児ライフスキルトレーナー™
受講対象 発達障害のあるお子様に関わるすべてのご家族

(「発達障害児ライフスキルトレーナー™」は、幼児期~学童期に身に付けておきたいライフスキルを学びます。)

受講形態 オンラインによる講義動画視聴 ※スクーリング(通学)・テキスト類の発送はございません
受講資格 発達障害児へのライフスキルトレーニングに関心がある方全員が講座を受講できます
受講価格 99,800円(税込価格 109,780円)
標準学習期間 6ヶ月
受講期間 受講開始から1年間(動画視聴、学習レジュメダウンロード、認定試験の提出期間)
動画視聴時間 約15時間

 

資格取得の通信講座はこちら

■本協議会についてはこちら

■認定施設・団体一覧

■本協議会の個人情報保護方針についてはこちら